スーパートライ110 TYPEⅠ

粘土瓦は、古くからある屋根材ですが、進化を続けている屋根材でもあり、防水性、意匠性、耐久性といった基本性能だけでなく、地震や台風に強い固定構造や、太陽光を反射する遮熱性能など新たな魅力が加わり、古くて新しい屋根材として粘土瓦は見直されています。

「瓦屋根はコストが高い」と誤解されがちですが、初期費用の安いスレート屋根は長期的に見ると瓦屋根よりもランニングコストがかかってくることになります。このように「大切な家を次の世代までしっかり守る」という視点でみると、瓦屋根には大きなメリットがあります。

スーパートライ110TYPEⅠは、乾式工法を選択することで、棟部を大幅に軽量化でき、棟部の耐震性、耐久性、メンテナンス性もアップすることができます。

独立行政法人都市再生機構の三次元振動台にて試験を実施。阪神大震災の地震波においても瓦のずれ、破損、脱落はなく震度7クラスの地震でも脱落しない事が証明されました。鶴弥の防災瓦は、震度7クラスの大地震でも瓦同士のかみ合わせ構造により強い耐震性を発揮します。

当社製品は設計開発時に愛知県三河窯業試験場にて漏水試験(圧力箱試験)を実施しています。最も厳しい条件である降水量240mm/h、圧力1470hPa(風速49m/秒)で検証し、安心な防水性能をお届けします。

鶴弥の防災瓦は、下の瓦のハイパーアームが上の瓦のアンダーロックをがっちりと押さえ込むため耐風性能が発揮されます。台風時などの強風に威力を発揮するオリジナルな工夫です。 また、愛知県三河窯業試験場で行った『瓦屋根標準設計施工ガイドライン』に基づいた耐風圧性能試験にて、強さも証明されています。

津市の屋根は俺たちが守る 住創が選ばれる理由
  • 屋根修理メニュー表
  • おすすめの屋根材
  • 火災保険
  • 屋根診断
  • 雨漏り診断
  • LINE見積もり