ROOGA

素材内の無数の気泡が、一般的な陶器平板瓦の半分以下の軽さを実現。
しかも、気泡は樹脂膜によって被膜され、気泡への水の侵入による劣化を抑えます。

いくら屋根材が軽くても、"重い工法"で施工していては、軽さのメリットは半減します。
ROOGAの施工法は、厚型の屋根材では一般的な「湿式工法」ではなく、軽さを追求したROOGA独自の「乾式工法」を採用。
湿式工法で施工した一般的な陶器平板瓦の屋根に比べ、屋根面積30坪で約3000kgの軽量化がはかれます。

素材内で、他の材料と強固に結びついた繊維材料が補強材としての役割を果たし、強い破壊荷重が加わった際も、素材自体がたわむことによって衝撃や荷重を吸収します。

無機系塗膜「グラッサコート」は、色あせの原因となる紫外線から鮮やかな色、光沢をまもり、美しさを長期間キープし続けます。

製造時、施工時のいずれの段階で発生した端材も、粉砕するだけのとてもシンプルな工程。また、端材回収は、全国の施工現場と工場をつなぐ「KMEW端材リサイクルシステム」を通じて行なわれます。

大半の雨水は高精度なジョイント部分と防水堤で浸水を防ぎ、重なり部分に浸入した雨水も新設計の水切り形状によってスムーズに逃がします。

一枚一枚の屋根材を専用のクギでしっかり固定する独自の工法で強風による屋根材の飛散やズレ、さらに地震の強い揺れによる屋根材の落下、ズレも防ぎます。

津市の屋根は俺たちが守る 住創が選ばれる理由
  • 屋根修理メニュー表
  • おすすめの屋根材
  • 火災保険
  • 屋根診断
  • 雨漏り診断
  • LINE見積もり